若返り

顔の印象を若返らせるための色々な自力でできる方法が人気になっています。

お金をかけずに、若返り老化対策をしたい人が増えているような気がします。

それだけ景気が悪く、若返り美容整形などとてもできる費用が出ないというのが多くの女性の気持ちでしょう。

特に、まだまだ子供に手のかかる30歳代40歳代は、晩婚化で増えていますから、若返りたいけれど、お金は使えないということになりますね。

老化若返り対策というと、どうしても、顔の周囲の表面上のことにるが行きがちですね。

おでこのしわだとか、目の下のたるみだとか、頬のたるみとか、首のしわなど。

しかし、老化は当然のことながら体内でも起こっています。

骨や内臓の働きも老化して衰えていくのです。

ですから、表面上だけ若返りをしようとしても、なかなかうまくいきません。

目の下たるみの手術には切る方法と切らない方法がある。

まず、切らない方法は目の裏側から小さな穴を開けて脂肪を摘出する手術になるのだが、
目の下のたるんでいる部分は3つのブロックに分かれていて、

この3つのブロックからバランスよく脂肪を取り出すのはとても困難な手術になる。

医師の中には真ん中の部分だけの脂肪を取り出す人もいるので、
そうすると真ん中だけがへこんで逆効果になってしまう場合がある。

また、切開法は、顔の表面からアプローチするため傷跡が残るリスクが生じる。

部位的に目の下たるみを自力で解消するのは簡単なことではありません。

ただ顔全体のたるみ解消であれば、ストレッチなどで顔の筋肉の強化でたるみの解消を自力でしていくことはできるでしょう。

そしてもう一つの方法として、肌の張り、肌の質そのものを自力で改善していくことも大切です。

筋肉の弱まりだけで垂れているわけではなく、肌の老化も原因ですから、

肌質自体の若返りをしていくことが必要です。

ラジオでたまたま流れたニュースで驚きのしわ予防の未来が見えてきました。

42度に肌を温めると、紫外線にあたっても、しわができないということらしいのです。

「えっ、ほんとかよ!」と思ったあなた、是非慶応の実験のニュースを見てください。

紫外線を当ててしわを作ったマウスの背中。42度のお湯に浸す(右)と37度のお湯に浸した場合より、しわは少なくなったhttp://ceron.jp/url/www.nikkei.com/article/DGXNASDG0703F_X00C12A8CR8000/

なんでも、HSPというタンパク質ができることで、しわが防がれるようです。

今、一生懸命、30%カロリーカットを心がけていますが、なかなか大変です。

HHKの特集をみて、30%カロリーをカットする事で、サーチュイン遺伝子が働きだし、

100以上物老化の原因を改善してくれる効果があるそうです。

つまり若返り老化対策になると言うことです。

もちろん、たるみ解消や、法令線の解消など、美容的な若返りもあるでしょうが、

芸能人でも多くの人が使っているというコロコロローラーって本当に顔のたるみの予防になるのだろうか・・・

そう思っている人は結構いると思います。

だいたい、ゲルマにゅうむとか、プラチナとか、高価な鉱石や宝石をつけて結構な値段のものもあるわけで、そんなものつけて高くしているたけで、

どれほどたるみやしわの予防効果があるのかと思ってしまいます。

プラセンタという成分をご存知でしょうか?

これは胎盤という意味です。そう胎児をささえている子宮内にある器官で、もともとは成分の名前ではありません。

その胎盤に含まれるている成分自体を総じてプラセンタと呼ぶようになったので、今は美容成分などの名前としてもつかわれているというわけです。

アンチエイジングのためのサプリメントとしてよく知られています。

最近、ナタデココマスクというものをしりました。

美容液を染み込ませた、顔に張り付ける美容マスクです。

紙製のものはいままでもありましたが、この素材がナタデココで作られているというものです。

別にナタデココ自体には、美肌の効果はないようです。

紙よりも、ナタデココの繊維がとても細かいので、肌への浸透力が10倍以上もあるらしいです。

同じ美容成分でも、密着度合いがよいほうが肌に染み込みやすいのでしょうか

なんでもスペインでは、若返り美容整形目的で、ボトックス注射を使うことが認められていないそうです。

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から作られた物質で、筋肉の動きを抑制してしわをできなくするという効果があり、

医療用では、頑健麻痺などに使われるそうです。

このボトックスが使えない事から、スペインでは、それと同じ効果をもつとされるアルリルジンという物質が入った化粧品が開発されたそうです。

なんだかギリシャ神話のような名前ですが・・・

タイタンという肌たるみなどの若返り方法があるそうです。

このタイタンという治療方法は、赤外線を使った美容整形クリニックなどで行われている方法です。

赤外線は肌を引き締める効果があるそうですから・・・

粥のたるみが気になった来た人は注目ですね。

高齢化が進む日本では、認知症が大きな問題となってのしかかります。

痴呆になった本人よりも、家族がとても大変な思いをします。

お金さえあれば、介護付き有料老人ホームを選ぶという選択肢もありますが・・・・

有料老人ホームでもお金さえあれば、どんなひどい認知症でも介護してもらえるわけではなく、

コラーゲンをたっぷりとると、お肌がプチプチになるとよくいいます。

でも、中学の理科の消化の内容を思い出してみれば、嘘っぽい話だと築きます。

だって人間のの腸で、コラーゲンを吸収するという事ならいましたか?

タンパク質とか脂肪さんとか、ブドウ糖とか、そういう形に分解して、腸が吸収するということしかならっていませんよね。

コラーゲンは、たんぱく質でできていますので、体の中に入ると、タンパク質に分解されるのです。

法令線とならんで、顔を老けさせる目の下のたるみ。

これがあると、40歳代でも55歳以降に見られてしまいます。

しかし、40歳代でも出てきている人がいます。

多くは肌老化対策を何もしてこなかった場合や、顔の筋肉をあまり動かさなかった人でしょう。

この目の下たるみは、法令線より頑固で、なかなか自分で解消することはできません。

ですから、少しでも目の下にしわが入り始めたら要注意です。

まあてっとりばやく、若返り美容整形という方法もいまはあるので、どうしようもないコンプレックスがあるのならば、それも否定する必要はないでしょう。

ただ、そんなに経済的な余裕が誰もがあるわけではないですので、経済的な側面からも、自然な形で若化が襟を図ることを考えるべきでしょう。

人が老いるのは仕方がないことですが、毎日衰えていく、老化していくのを、細胞の更新で維持しているのが人間です。